TOP > 素人熟女とおまんこしたい

素人熟女とおまんこしたい

もし、援交ではなく、純粋な「素人セフレ」が欲しいなら、やはり若い女子より熟女を狙ったほうが話が早いと思います。

当然ですが、まず熟女は若い女子より「自分の肉体的魅力」を低めに見積もっています。

の画像

若い女子が「男は誰でも自分とやりたいはずだ」という上から目線で男をみているとしたら、熟女は「わたしなんかでチンコが勃つ男がいるのだろうか」という不安を前提に男に目配りしています。

なので、熟女はぼくが「ううううう。やりたい。あなたとすっごくおまんこしたい」と、訴えるだけで、すごく歓んでくれるわけです。まあ、女として認められてホッとするんでしょうね。

じつは3ヶ月ほどまえに出会った熟女とも、そういう「褒め殺し作戦」でセフレになることができました。

の画像

彼女の年齢は44才。

結婚して20年になる旦那がいて、子供は去年大学生になったそうです。

ようやく子育てが終わり、生活に時間的余裕ができて、よくよく考えてしまったんでしょうね。

旦那さんとはすでに5年以上のセックスレスが続いているし、彼女自身は浮気経験もありません。

「自分はこの先もう一生おまんこを使う機会はないんだろうか」

で、考えれば考えるほど焦ってきてしまったんだと思います。

それで、まあ、彼女はどきどきしながら出会い系にアクセスするようになり、そしてぼくと出会ってしまったわけです。

女性の写真

ぼくはメールを始めた段階から彼女を褒めちぎりました。ていうか、ことあるごとに「やりたいアピール」をくり返しました。

まんこ写メをリクエストし、相互オナニーしないか、と持ちかけました。

彼女は「そんなはしたないことできるはずない」とにべもない返事を返してきました。

でも、熟女好きのばくには、彼女の気持ちがわかっていました。

絶対にいま、この熟女のまんこは火照り始めている。まんこがムズムズしてオナニーを繰りかえしている。

それから2ヶ月近く時間はかかりましたが、結果的にぼくの予想は的中していました。

初めて会ったときはキスだけで終わりましたが、2度目に会ったとき、彼女はもう我慢できなくなったんでしょうね、ぼくがラブホに誘ったらあっさりOKしてくれました(笑)。

そのときの彼女の濡れ方ははんぱじゃありませんでした。

パンツの生地が張りついて、まんこの筋がくっきりと透けてみえたくらい愛液が溢れていました(笑)。

「ほんとにわたしを抱きたいの?」

「当たり前だよ、だってみてごらん? こんなにギンギンに勃ってるだろ」

彼女は嬉しそうにぼくのちんこをしゃぶり続けてくれました。

それ以来、定期的に会って濃密なおまんこを繰りかえしています(笑)。

最近、おめこした女のギャラリー

人妻熟女


おめこがしたい人妻さん
半年ほど前にJメールを利用して出会った31才の人妻さん。旦那のセックスレスに悩む主婦でした。ハメ撮りを撮影させてもらいましたよ!


中出し


中出しさせてくれた若妻
AKBの篠田麻里子ちゃんにちょっと似た、なかなかの美人さんで、年齢は28才でピルを服用中でした。生で中出しさせてくれた最高の女です♪


池袋の熟女


池袋で待ち合わせた女
月に最低1度は、なにもかも忘れてひたすらエッチに没頭する!そんな彼女とセックスしてきました!






管理人のエッチなコラム