TOP > 独身の熟女との出会い

独身の熟女との出会い

出会い系を使って、独身バツイチ熟女と出会いました。

彼女の年齢は43才。

いくらか容色の衰えはうかがえますが、女優の宮沢りえさんにちょっと似た美人さんです。

さらに着ている服やアクセサリー、持ち物などの品がよく、洗練されています。

それもそのはずで、彼女は7年前に起業したアパレル会社の社長さんでした。

の画像

借金もないし、いまのところ仕事は順調で、取引も右肩上がりにあがっているのだそうです。

美人で、お金もあって、独身で、なおかつ服飾業界のイケメンに取り囲まれているわけですから、男に不自由するはずがありません。

なにも出会い系なんかで男を探さなくてもよさそうな気がします。

でも、彼女には、身近な男とは付き合うことのできないちょっとした秘密があったんです。

の画像

その熟女さんは、経歴からもわかる通り、なにごとにもひたむきに頑張る真面目な女性でした。

当人がいうには、小学生のころから率先して生徒会の役員などを引き受ける「優等生タイプの女子」だったんですって。

きっとそういう「必要以上に真面目過ぎる性格」や「人から認められたいという欲望」が、性欲のほうを歪めてしまったのかもしれません。

彼女は思春期のころから、次第に自分の「変態性欲」に悩まされるようになりました。

「変態性欲」といってもぼくからいわせれば、まったく他愛もないものです。

彼女は「恥ずかしい行為」に、異様な興奮を覚えるタイプでした。

ええ。ネット上にごろごろいるいわゆる「露出好き」というやつですね。

中学生のころにはこっそり男子トイレに入ってオナニーしたり、スクール水着の股布をはぎ取って、布地をわざとまんこの割れ目に喰いこませたり、ひそかに「恥ずかしい行為」をおこなっては、興奮していたのだそうです。

で、同時に激しい自己嫌悪にもかられていたんですって。

「わたしってどうしてこんなに異常なことが好きなんだろうって思って……それに性欲も強くって、その頃はほとんど毎晩オナニーしないと眠れなかったの……」

女性の写真

彼女の「隠れた変態性欲」は、結婚してからも続きました。でも優等生の彼女は例によって旦那にも「自分の変態性」を告白できなかったんだすね。

「旦那とは学生時代、飢餓救済の民間NGOで知り合ったの。そういう活動をしている女子大生が、じつはノーパンで街を歩きながらアソコをヌルヌルに濡らしてたなんていえないでしょう(笑)」

で、その後、彼女は結局、結婚生活そのものを破綻させてしまいました。

たしかに彼女の気持ちもわかるような気もします。

彼女は表の顔と裏の顔のギャップを埋めるのが怖かったんですね。

で、その恐怖はいまでも続いていて、自分の「生真面目な表の顔」を知っている人には、どうしても「どスケベな裏の顔」をみせることができないそうなんです。

となると「スケベな自分」を開放できる相手は、彼女の素性を知らない「出会い系の男」しかいなかったんですね(笑)。

いや、実際、彼女と初めておまんこしたときはぼくもちょっとびっくりしました。

だってこの熟女さんって感じてくると、いきなり淫語を連発させてくるんですもん(笑)。

「チンコ好き、チンコちょうだい、硬いチンコでわたしのおまんこグチュグチュにしてええ」

こんな感じです。

でも、彼女はぼくのことを気に入ってくれたみたいです。

今度会うときは、「一緒に電車に乗って痴漢プレイをしよう」と約束してくれました(笑)。

最近、おめこした女のギャラリー

人妻熟女


おめこがしたい人妻さん
半年ほど前にJメールを利用して出会った31才の人妻さん。旦那のセックスレスに悩む主婦でした。ハメ撮りを撮影させてもらいましたよ!


中出し


中出しさせてくれた若妻
AKBの篠田麻里子ちゃんにちょっと似た、なかなかの美人さんで、年齢は28才でピルを服用中でした。生で中出しさせてくれた最高の女です♪


池袋の熟女


池袋で待ち合わせた女
月に最低1度は、なにもかも忘れてひたすらエッチに没頭する!そんな彼女とセックスしてきました!






管理人のエッチなコラム